右脳を使った記憶術

右脳を使った記憶術

右脳を使った記憶術では、イメージの発想力が求められます。

 

教科書を全て丸暗記してしまえば、
テストの点は飛躍的に良くなりますよね。
けれどもそこにはとても無駄な情報が多いのです。
無駄なことを全部覚える必要は全くありませよね。
なので右脳をつかった記憶術では覚えることを精査する下準備が大切になるのです。
そして、暗記したい事物を忘れないものと関連付けるのが、
右脳を使った記憶術で重要になるイメージの発想です。

 

良く学校で勧められる、
「書く」や「読む」は五感に訴える誰にでも出来る簡単な方法ですよね。
けれどもこのやり方は繰り返さないとすぐに忘れてしまうので、
個人差がありますが比較的何度も同じ部分を勉強する必要があります。
けれども口コミでも人気の右脳を使った記憶術は一旦会得してしまえば、
簡単に記憶することができてしまうのです。

 

但し右脳を使った記憶術では、イメージの発想力が必要です。
観点づけて連想するイメージがわかない
…なんて方にはちょっと向いてないみたいです。